ダウンロード

m_string Ver.1.00
ダウンロード(10.5 KB)(2009/01/04)

内容

このモジュールは標準命令にない文字列操作命令/関数を追加するものです。
面倒な文字列処理にお役立てください。
主な機能として次のようなものがあります。
 ・文字列の挿入・削除
 ・文字列の描画領域のサイズ取得
 ・指定幅での自動改行挿入(禁則処理対応)
 ・文字のマルチバイト判定。

使用方法

#include "m_string.hsp" としてモジュールをインクルードしてください。 各命令についてはHSP HELP Browser(m_string.hs)を参照してください。

【命令一覧】

自動改行
AutoInsertLF........自動改行命令
GetWordwrapCharInfo.禁則処理適用文字かチェックする
SetWordwrapChar.....禁則文字の登録
文字列情報取得
GetStrRect..........文字列の描画領域の矩形サイズを取得する
MbsbType............文字コード判定関数
MbsbTypeByte........文字コード判定関数・コード指定
文字列操作関数
DelStr..............文字列の一部を削除する
文字列操作命令
InsertStr...........文字列の挿入関数

【作者より】
HSP開発wikiで作成していた自動改行モジュールの問題点を修正してまとめてみました。
少し直せばいいだろうと思っていたのですが、結局、禁則処理部分はほぼ全部作り直し。
思いのほかぐちゃぐちゃに組んでました…。orz
基本方針はだいたいそのままですが処理方法を全面的に修正。おかげで納得できるところまで到達できました。
改行挿入はAVGあたりで需要あるかなと思いつつも、禁則処理まで必要とされるのかなと今更…。orz

動作環境

PC/AT互換機、WindowsVista、HSP3.2βにて動作確認済み

履歴

2009/01/04
ver1.00
完成。公開開始。
サンプル実行結果

▲サンプルの実行結果
画像はver1.00のもの