ダウンロード

mD3Matrixモジュール ver.1.02
ダウンロード(13.3 KB)(2008/11/23)

内容

このモジュールmD3Matrixはマトリクス(行列)計算モジュールです。
3x3のマトリクスの計算や3次元ベクトルの計算を行うことが出来ます。
また、このモジュールを使用すると簡単にd3moduleのd3setlocal命令のパラメータを求めることが出来ます。
実質的にはd3module支援モジュールです。

【特徴】

  • d3moduleのd3setlocal命令と組み合わせることによってよりd3moduleを使いやすくすることが出来ます。
  • X軸回転、Y軸回転、X軸回転、拡大縮小が簡単に出来るようになります。
  • ローカル座標をグローバル座標に変換できます。(ローカル座標での平行移動)
  • 3Dベクトルの内積、クロス積、正規化を簡単に計算できます。
  • 3*3マトリクスの積算、転置が出来ます。

【作者より】
3Dの知識がなければ難しかったd3setlocal命令のパラメータ設定。 このモジュールで簡単に使えるようになるはずですので、一度お試しください。

今回のバージョンアップではベクトルの演算系命令にまぎれてmD3MatrixRotateVct命令を作りました。
これで任意の軸を中心に回転することが出来ます。

使用方法

#include "md3matrix.hsp"
としてモジュールをインクルードしてください。
各命令についてはヘルプ(md3matrix.hs)を参照してください。

md3matrix.hsは、HSP3インストールフォルダのhsphelpフォルダにコピーしておくと、
HSP HELP Browserで命令の詳細を調べることが出来るようになります。

動作環境

PC/AT互換機、WindowsVista、HSP3.1にて動作確認済み

履歴

2008/11/23
ver1.02
・命令の追加
mD3VectorAdd
mD3VectorSub
mD3VectorSclMul
mD3VectorNorm
mD3MatrixRotateVct
2008/11/12
ver1.01
・命令の追加
mD3MatrixSetTrfMx
mD3MatrixRotateLX
mD3MatrixRotateLY
mD3MatrixRotateLZ
mD3VectorDot
mD3VectorCross
mD3VectorUnit
・サンプルの追加
2008/08/15
ver1.00
完成。公開開始。
サンプル実行結果

▲サンプルの実行結果
画像はver1.00のもの