RokDeBone2とは

3Dデータ(オブジェクト)に、ボーンや動き設定などをつける(=モーションデザイン)・または その動きを再生するソフト。Windows用フリーソフト。
Metasequoia標準データ形式のMQO形式に対応している。プラグインではなく独立したソフトなので、 Metasequoiaが無くても使える。

同作者によるHSP用プラグインEasy3D用のツールとして作成された。
最近は動画投稿系サイトでの需要が伸びている。


なお、本サイトではRDB2と略式表記することがある。

必要動作環境

OS Windows
バージョン 5.0.1.9
DirectX DirectX9.0c以上

対応形式

形状ファイル

ファイル形式 読み込み 出力
MQO(Metasequoia形式) △(連続MQO出力)
ROK(六角大王形式) ×
Xファイル
SIG(RDB2独自形式)

モーションファイル

ファイル形式 読み込み 出力
qua形式(RDB2独自形式)
BVH形式
mkm形式 ×

※RDB2Xというコンバータを使えば、sigとquaファイルから、複数のモーション付きのXファイルを作成できる。

モーション管理ファイル

ファイル形式 読み込み 出力
MOA(モーションアクセラレータ、RDB2独自形式)

その他形式

ファイル形式 読み込み 出力
連続BMP出力 -
AVI出力 -
連続MQO出力 -
bon(ボーン情報のテキスト)
Im2(ボーン影響マップ)
lim(制限角度ファイル)

RDB2で出来ること・出来ないこと

出来ること

  • 各種3D形状ファイルの読み込み(対応形式を参照。)
  • ボーン構造の設定
  • 影響度設定、スキニングの設定
  • ディスプレイスイッチ(モデルの表示非表示切り替え)
  • モーション作成
  • 各種出力
  • バンプマッピング表示
  • トゥーン表示、トゥーンパラメータ設定
  • 作成したモーションの再生
  • 作成したデータを使ってのHSPでのゲーム作成など
  • ボーンの動きへの制限角度設定
  • IKターゲット機能
  • キーフレーム方式のテクスチャアニメ

出来ないこと

  • 3Dモデルの作成、頂点や面の追加など。
  • テクスチャの貼り付け。
  • モーフィング