はじめに

私はUSBに関する知識はにわか仕込み程度のわずかなものしか理解していません。
それを理解したうえで、読み進めるようにしてください。
もしここの資料を参考にしてUSB機器やPCが壊れたとしても一切責任はおいません。 すべては自己責任の下で行ってください。

この項目はUSBに関する内容を扱っています。
Lab内にあるUSB for HSPをご覧になると参考になると思います。

なおここでは全てWindowsという前提での話になります。LinuxやMacは申し訳ありませんが他をあたってください。
すみません。

もくじ

  1. SIXAXISのおおざっぱ説明
      適当な説明と、PCとの接続についての概要。
     
  2. とりあえずSIXAXISを使えるようにする
      SixaxisDriverを使ったPCへのつなぎ方。
     
  3. サンプルをビルドしてみる
      SixaxisDriverから値を取得して表示するサンプルスクリプトをビルドしてみます。
     
  4. SIXAXISについて ~ハード編~
      6軸検出のためのセンサについての調査結果。
     
  5. SIXAXISについて ~データ編~
      SIXAXISから送られてくるデータについての調査結果と確認用プログラム。
     
  6. SIXAXISの情報を取得するサンプル解説 for HSP
      HSPでSIXAXISの情報を取得するスクリプトの配布と解説。
     
  7. 加速度センサーからの取得値の処理
      サンプル内で計算している内容についての説明などです。
     
  8. サンプルをビルドしてみる その2
      SixaxisDriverから値を取得して表示するサンプルスクリプトをビルドしてみます。
      今回はその1とは少し違う方法でやってみました。VC++2008でのトラブル対策にもいいかもしれません。
     
  9. DirectInputに挑戦してみた
      DirectInputに挑戦して玉砕されました。
     
  10. プラグインに挑戦してみた
      HSP用プラグイン作成に挑戦してみました。
     

記事の更新はゆっくりペースで行ってます。