はじめに

AviUtlの入門サイトや解説動画はたくさんあります。
まずはそれらをひと通り見て挑戦してみてください。
ここでは基本的な解説は行いません。
その代わりよそでは解決を見つけるのが困難なものについて書いていこうと思います。

ここでは主に「AviUtl拡張編集」を取り上げます。

準備

AviUtlをインストールしてください。
AviUtl拡張編集もインストールしてください。
メニューから[設定] → [拡張編集の設定]をクリックしてチェックマークを入れてください。
拡張編集のウィンドウが開きます。

ここまではたくさんあるAviUtlの入門サイトのなかからどれかを見れば簡単に完了できます。

拡張編集の注意点

ファイルの読み込みは全て拡張編集のウィンドウから行ってください。 AviUtl本体側のウィンドウで読み込むことは出来ますが、後々正常に動作しなくなります。
これを知らずに作業を進めていて、作業終盤になってエラー連発して苦労しました…。

wmvファイルなどavi以外の動画ファイルの読み込みはファイルの拡張子をaviに書き換えて拡張編集ウィンドウにドラッグ&ドロップで読み込めます。 あ、その前にDirectShow File Readerプラグインが必要ですね。